日本歯科大学 新潟生命歯学部

大学紹介

生化学講座

所属構成員等

生化学講座イメージ准教授/梨田智子、森田貴雄
講師/今井あかね(併任:新潟短大教授)、佐藤律子(併任:新潟短大准教授)
非常勤講師/螺良修一、相田美和、坂井幸子

近年、医療場面では患者さんのQOL(Quality of Life/生活の質)を向上させることが重要視されており、このための様々な取り組みが行われています。唾液を十分に分泌することは、特にさまざまな治療を受けている患者さんにとって、非常に重要なことです。なぜなら、唾液は口腔を潤し、食物を飲み込むのに不可欠で、また、歯を齲蝕から防ぐ役割も持っているからです。
唾液腺は唾液を分泌する外分泌腺として水分、粘液、タンパク質などを分泌する大きな役割を持っています。しかし、古くから研究されているにも関わらず、どのようにして唾液が分泌されるのか、細胞の内部で何が起こっているのか、多くのことが未知のままです。また、唾液に含まれるタンパク質についても、その成分、構造、役割など、わからないことがたくさんあります。
当研究室では、唾液腺の中でも特に水分やタンパク質を多く分泌する耳下腺について研究しています。耳下腺にある分泌細胞の内部にはどのようなタンパク質が存在するのか、また、唾液を分泌するとき何が起こっているのか(唾液の分泌機構)、さらに口腔乾燥症等の疾患ではどのような変化が起こっているか、などをテーマとしています。これらの研究を通じて患者さんのQOLの向上へ貢献することを目標としています。

研究テーマ

  • ドライマウス治療薬(唾液分泌促進薬)による唾液分泌亢進の分子機構 Molecular mechanisms in salivary secretion induced by a therapeutic drug for dry mouth.
  • 口腔乾燥症モデル動物における唾液および唾液腺の病態生化学的解析 Pathological biochemistry on saliva and salivary glands in animal models of xerostomia.
  • 唾液と唾液腺の新規な役割の探索 Research for novel roles of saliva and salivary glands.
  • 受容体刺激による細胞内シグナル伝達の解明 Elucidation of molecular mechanisms of intracellular signaling through receptor stimulation.

学生教育

おもに、基礎的な生化学と口腔生化学分野について、講義と実習を行っています。

担当講義
  • 生化学
  • 口腔生化学
  • 唾液と唾液腺
  • 生体機能調節学
担当実習
  • 生化学実習
  • 分子生命科学実習

生化学講座 研究年報


2012年

Fukushima T, Nashida T, Haga-Tsujimura M, Mataga I. Chitinase expression in parotid glands of non-obese diabetic mice. Oral Diseases 2012; 18: 506-512.

Imai1 A, Yoshie S, Haga-Tsujimura M, Nshida T, Shimomura H. Exocyst subunits are involved isoproterenol-induced amylase release from rat parotid acinar cells. Eur Oral Sci 2012; 120: 123-131.

Nashida T, Sato R, Haga-Tsujimura M, Yoshie S, Yoshimura K, Imai A, Shimomura H. Antigen-presenting cells in parotid glands contain cystatin D originating from acinar cells. rch Biochem Biophy 2013; 530 : 32-39.

Suphasiriroj W, Mikami M, Shimomura H, Sato S. Specificity of Antimicrobial Peptide LL-37 to Neutralize Periodontopathogenic Lipopolysaccharide Activity in Human Oral Fibroblasts. J Periodontol 2012; 84: 256-264.

Nashida T, Yoshie S, Haga-Tsujimura M, Imai A, Shimomura H. Atrophy of myoepithelial cells in parotid glands of diabetic mice; detection using skeletal muscle actin, a novel marker. FEBS Open Bio 10.1016/j.fob.2013.01.009.

Isemura S, Imai A, Saitoh E, Isemura M. Unusual amplification in polymerase chain reaction for a plasmd containing an insert derived from bovine genomic DNA. Natural Science 2012; 4: 386-394.

2013年

Imai A, Ishida M, Fukuda M, Nashida T, Shimomura H. MADD/DENN/Rab3GEP functions as a guanine nucleotide exchange factor for Rab27 during granule exocytosis of rat parotid acinar cells. ☆Arch Biochem Biophys 2013; 536: 31-37.

Shimomura H, Imai A, Nashida T. Characterization of cysteine string protein in rat parotid acinar cells. ☆ Arch Biochem Biophys 2013; 538:1-5.

2014年

2014年 生化学講座 (PDFファイル)
【原 著】

Sohda M, Misumi Y, Ogata S, Sakisaki S, Hirose S, Ikehara Y, Oda K. Trans-Golgi protein p230/golgin-245 is involved in phagophore formation. Biochem Biophys Res Commun. 2015;456:275-281.

2015年

【原 著】

Ishida R, Yamamoto A, Nakayama K, Sohda M, Misumi Y, Yasunaga T. GM130 is a parallel tetramer with a flexible rod-like structure and N-terminally open (Y-shaped) and closed (I-shaped) conformations. ☆FEBS J. 2015; 282: 2232-2244. doi : 10.1111/febs.13271.

2016年

【著 書】

1) Yoshimura K, Nashida T, Mikami M, Kageyama I (分担) : A simple electroporation method of green fluorescent protein-transfection and in vitro imaging of organ-cultured embryonic lingual tissue. A. Méndez-Vilas : Microscopy and imaging science: practical approaches to applied research and education. 1版, Formatex Research Center, Badajoz, Spain, 2017, 11-17. ISBN-13: 978-84-942134-9-6.

【原 著】

*Mizuhashi F, Koide K, Toya S, Nashida T. Salivary level of antimicrobial protein chromogranin A in relation to the salivary flow rate and swallowing function. ◯Med Res Arch. 2016; 4: 1-13. doi : http://dx.doi.org/10.18103/mra.v4i7.726.

*坂井幸子, 坂本 信, 林 孝文, 坂井 淳, 下村‐黒木淳子, 梨田智子. マイクロCTによる脱落歯のミネラル密度評価--低フォスファターゼ症例への応用--. ◯実験力学. 2016; 16: 122-126.

*Sasagawa I, Oka S, Mikami M, Yokosuka H, Ishiyama M, Imai A. Immunohistochemical and western blotting analyses of ganoine in the ganoid scales of lepisosteus oculatus: an actinopterygian fish. ☆◎J Exp Zool (Mol Dev Evol). 2016; 326B: 193-209. doi : 10.1002/jez.b.22676.

Matsuda K, 大森みさき, 土田智子, 三上正人, 両角祐子, 三富純子. An analysis of the periodontopathic bacteria involved in extrinsic discoloration of Teeth. ◯◇J Dent Sci Ther. 2016; 1: 1-4. doi : http://verizonaonlinepublishing.com/PDF/Dental/JournalofDentalScienceandTherapy6.pdf.

煤賀美緒, 大森みさき, 土田智子, 三上正人, 両角祐子, 三富純子, 佐藤律子 (12th) (13 authors). 不織布を用いた舌清掃器具の舌苔除去効果の検討. ◯日口臭誌. 2016; 7: 27-35.

*Hayashi-Sakai S, Numa-Kinjoh N, Sakamoto M, Sakai J, Matsuyama J, Mitomi T. Hypophosphatasia: Evaluation of size and mineral density of exfoliated teeth. ◎J Clin Pediatr Dent. 2016; 40: 496-502. doi : http://dx.doi.org/10.17796/1053-4628-40.6.496.

外部研究費


2008~2010

1)日本学術振興会科学研究費補助金 基盤研究C 梨田智子(代表),下村浩巳,吉江紀夫,今井あかね,モデルマウスにおける唾液腺非刺激分泌タンパク質の解析と口腔乾燥症への臨床応用

2)日本学術振興会科学研究費補助金 基盤研究C 今井あかね(代表),下村浩巳,吉江紀夫,梨田智子,唾液腺における分泌顆粒の開口放出制御機構に関する研究

2011~2013

1)日本学術振興会科学研究費補助金 基盤研究C 梨田智子(代表),下村浩巳,吉江紀夫,今井あかね,シェーグレン症候群モデルマウス唾液腺アクアポリン5の動態とその分子機構の解明

2012〜2014

1)日本学術振興会科学研究費補助金 基盤研究C 今井あかね(代表),吉江紀夫、辻村麻衣子,梨田智子,唾液腺腺房細胞の開口分泌に関わる分子の発現と動態解析

2014年

日本学術振興会科学研究費補助金 基盤研究C (継続) 24592820、今井あかね(代表),吉江紀夫,辻村麻衣子,梨田智子,唾液腺腺房細胞の開口分泌に関わる分子の発現と動態解析(総取得額5,330,000円) 本年度 直接経費:700,000円,間接経費210,000円.