日本歯科大学 新潟生命歯学部

大学紹介

衛生学講座

所属構成員等

衛生学講座イメージ教授/小松崎 明
講師/小野幸絵、鴨田剛司
非常勤講師/五味渕秀明、赤松俊嗣、黒川泉、小松崎豊、工藤貴之、毛呂文紀
事務職員/三上 克美

研究テーマ

地域住民、行政などの協力を得て、以下の研究を関係研究者と協同で進めている。

  • 地域口腔保健活動の効果的実施方法の開発と評価に関する研究
  • 地域口腔保健の基盤となるデータベースの構築に関する研究
  • 質の高い生活に関与する口腔機能に関する研究
  • 地域住民と医療機関の関係性に関する研究

学生教育

歯科医療人としての知識技術だけでなく態度行動の習得と豊かな人間性形成を目指して、新潟生命歯学部1~6年、大学院の教育に携わっている。

その他

講座の特色

衛生学は、『社会の中で健康を考えていく学問』である。
したがって、『人々がどうしたら質の高い生活を送れるか』について歯・口腔の機能の面や社会の制度との関連から研究し、また学生に教育することによって社会に貢献することが私たちの使命である。このため、積極的に地域に出て保健医療福祉関係者・住民とともに活動を行っている。
衛生学講座では、大学における教育、研究とともに、地域住民の口腔保健向上のため、行政等と連携して活動している。新潟県や新潟市などの歯科保健対策委員として参加するとともに、開業歯科医師や歯科衛生士が行う地域口腔保健活動に対して、学識経験者として事業の企画、実施、評価に参画している。
また、学生教育では、市町村保健センターなどをフィールドとして実習の指導にあたっている。
今後も講座の活動として、地域の保健医療福祉活動に積極的に参加・協力し、地域社会に貢献していきたいと考えている。

講座への連絡

rabbit@ngt.ndu.ac.jp(小松崎)

衛生学講座 研究年報


2012年

小松崎 明,小野 幸絵 ほか: 社会的ひきこもり者の歯科保健医療に関する検討 -ひきこもり者に対する質問紙調査の結果から-.口腔衛生学会雑誌2013; 63(1): 21-27.

小野 幸絵、小松崎 明 ほか:介護保険施設入所要介護者の食事状況と全身ならびに口腔状態との関連性について.日本歯科医療管理学会雑誌2013; 47(4): 252-256.

小松崎 明,小野 幸絵 ほか:新潟、富山,山形県下での歯科診療ホームページの活用状況に関する検討.日本歯科医療管理学会雑誌2013; 47(4): 257-262.

小松崎 明:[歯科界の潮流]『歯科口腔保健法』歯科口腔保健の推進に関する法律の概要-その目的と歯科界の使命-,歯学,100秋季特集号:4-8,2012.

小松崎 明,小野 幸絵 ほか:市民との近接性向上を目的とした社会実験バス運行,新潟市大学連携研究事業「超高齢社会への対応」高齢者の徒歩及び公共交通利用から導かれる外出行動と健康との関連調査研究及び実証事業 平成24年度研究成果報告書,4-10,2013.

小野 幸絵,小松崎 明 ほか:福祉会館利用高齢者の口腔状況と外出習慣との関連性について,新潟市大学連携研究事業「超高齢社会への対応」高齢者の徒歩及び公共交通利用から導かれる外出行動と健康との関連調査研究及び実証事業 平成24年度研究成果報告書,11-16,2013.

2013年

Komatsuzaki A, Komatsu Y, Ono S, Tanaka S. Risk factors for caries of permanent Teeth in Japanese infants: A cohort study. Journal of Dental Health 2013;63(5):436-443.

Endo T, Komatsuzaki A, Kurokawa H, Tanaka S, Kobayashi Y, Kojima K. A two-colored chewing gum test for assessing masticatory performance: a preliminary study. Odontology 2014;102:68-75. doi 10.1007/s10266-012-0089-7.

小松﨑 明,小野幸絵ほか.歯科診療所ホームページの活用状況に関する検討 -第2報 東京都での調査結果-.日本歯科医療管理学会雑誌2014;48(4):256-261.

小野幸絵,小松﨑 明ほか.郵送法調査による歯科診療所ホームページの開設状況に関する検討 -ホームページの機能および内容に関して-.日本歯科医療管理学会雑誌2014;48(4):262-267.

小野幸絵、小松﨑 明ほか.福祉会館利用高齢者の口腔状況と外出習慣との関連性について.○日本歯科医療管理学会雑誌2013;48(2):134-139.

中川 綾,小野幸絵,小松﨑 明ほか:社会的ひきこもり者の歯科受診症例 -歯科受診がひきこもりの改善に寄与する可能性について-,口腔衛生学会雑誌,64(1):27-33,2014.

2014年

2014年_衛生学講座 (PDFファイル)

【著 書】

松久保 隆,八重垣 健,前野正夫,那須郁夫,小松﨑 明,杉原直樹 監修:口腔衛生学 2014,一世出版,東京,2014.

【原 著】

Endo T, Ishida R, Komatsuzaki A, Sanpei S, Tanaka S, Sekimoto T. Effects of long-term repeated topical fluoride applications and adhesion promoter on shearbond strengths of orthodontic brackets. Eur J Dent. 2014;8:431-436.

小野幸絵,小松﨑 明,鴨田剛司,田中聖至,藤井一維,小松﨑 豊:学校歯科健康診断の未受診率と学校歯科保健活動の実施状況との関連性について,日本歯科医療管理学会雑誌,49:210-214,2015

鴨田剛司,小野幸絵,小松﨑 明,田中 彰,黒川裕臣,江面 晃,島田路征,白野美和,田中聖至:市町村と連携した地域歯科保健フィールド実習に関する検討,日本歯科医療管理学会雑誌,49:215-221,2015.

【総説・解説】

小松﨑 明:健康投資への転換(巻頭言),口腔衛生学会雑誌,64:327,2014.

【報告・紀要】

小松﨑 明:新潟市生涯歯科保健計画(第4次) 歯ッピーにいがた21,新潟市歯科保健推進会議委員として分担,新潟市保健衛生部保健所健康増進課編集,2014.

鴨田剛司,小松﨑 明,小野幸絵:新潟県歯科医師会 障害者歯科健診事業 平成22年度調査結果報告書,新潟県歯科医師会 障害者歯科健診事業,2014.

鴨田剛司,小松﨑 明,小野幸絵:新潟県歯科医師会 障害者歯科健診事業 平成23年度調査結果報告書,新潟県歯科医師会 障害者歯科健診事業,2014.

小松﨑 明:標準的な成人歯科健診プログラム・保健指導マニュアル「生活歯援プログラム」について Part5,新歯界,第741号:27-29,2014.

2015年

【著 書】

松久保 隆, 八重垣 健, 前野正夫, 那須郁夫, 小松﨑 明, 杉原直樹 監修 (共著) : 口腔衛生学 2016. 1版, 一世出版, 東京, 2016. ISBN 978-4-87078-181-8.

【原 著】

Ishkitiev N, Yaegaki K, Imai T, Tanaka T, Fushimi N, Mitev V, Ono S (9th) (10 authors). Novel management of acute or secondary biliary liver conditions using hepatically differentiated human dental pulp cells. ☆◎Tissue Eng Part A. 2015; 21: 586-593. doi : 10.1089/ten.tea.2014.0162.

小松﨑 豊, 小松﨑 明, 小野幸絵. 手帳型管理法による幼児期の集団的口腔管理方法の検討. ◯日医療管理誌. 2015; 50: 60-65.

2016年

【著 書】

1) 小松﨑 明 (編集) : 口腔衛生学. 中原 泉, 藤井一維編集代表 : 常用歯科辞典. 4版, 医歯薬出版, 東京, 2016. ISBN 978-4-263-45790-0.

小松﨑 明 (分担) : 乳幼児の口腔保健. 安井利一, 宮﨑秀夫, 鶴本明久, 川口陽子, 山下喜久, 廣瀬公治編 : 口腔保健・予防歯科学. 1版, 医歯薬出版, 東京, 2017, 210-218. ISBN 978-4-263-45802-0.

【原 著】

小野幸絵, 白野美和, 小松﨑 明, 江面 晃, 鴨田剛司. 介護保険施設における歯科医師, 歯科衛生士の従事状況に関する検討. ◯日医療管理誌. 2016; 51: 96-102.

外部研究費

2013年

日本学術振興会科研費,基盤研究C一般(新規),2013~2015,携帯型近赤外分光分折法(NIRS)により顎口腔サルコぺニアの前兆的変化を把握する,小松﨑 明(代表者)

日本学術振興会科研費,若手研究B(新規),2013~2015,近赤外分光法(NIRS)を用いた顎口腔サルコぺニアの評価法,小野幸絵(代表者)

2014年

日本学術振興会科研費,基盤研究C一般(継続),2013~2015,携帯型近赤外分光分折法(NIRS)により顎口腔サルコぺニアの前兆的変化を把握する,小松﨑 明(代表者),520,000円.

日本学術振興会科研費,若手研究B(継続),2013~2015,近赤外分光法(NIRS)を用いた顎口腔サルコぺニアの評価法,小野幸絵(代表者),520,000円.