日本歯科大学 新潟生命歯学部

大学紹介

歯科矯正学講座

所属構成員等

歯科矯正学講座イメージ教授/遠藤敏哉
講師/亀田 剛、長谷川優、小菅直樹 (短大教授 併任)
大学院生/後藤翔、魚津美和、太田信、小出勝典、齊藤久絵、稲富弘毅、高橋和揮、加羽澤侑以、佐藤大介
非常勤講師/赤柴豊英、長谷川雅、杉山潤一、秋山美文、石多克行、和田仁志

研究テーマ

教室の研究テーマは、1) 矯正治療とバイオメカニクス、2) 歯冠形態と不正咬合、3) 叢生と顎顔面形態、4) 不正咬合の早期治療、5) 矯正治療と顎関節症、6) 先天欠如歯、7) 矯正用ブラケットの接着システム、矯正歯科、小児歯科、小児歯科学講座との共同研究をはじめ学内講座・診療科と連携して研究を行っております。

学生教育

学部教育では第3学年の歯科矯正学講義、歯科矯正学実習、第5学年の臨床実習、第6学年の歯科矯正学講義を担当しています。大学院教育では咬合形態機能矯正学分野の研究指導を担当しています。学部・大学院の教育を通じて、歯科矯正学・矯正歯科臨床に関心を持ってもらうと同時に、広い視野で臨床・研究を行うことを教えています。また、教室員に対して日本矯正歯科学会認定医の取得に向けた研修も行っています。


歯科矯正学講座 研究年報


2012年

Uchida Y, Kitagawa J, Terada K, Kawai M, Yamamura K. Contribution of umami substance to swallowing. J Nutr Food Sci 2012; doi: 10.4172/2155-9600.S10-001.

Yajima E, Satoh Y, Ishizuka K, Iwasaki S, Terada K. Suppression of the nociceptive jaw-opening reflex by stimulation of the red nucleus.Brain Res, 2012; 1473: 124-130.

Kameda T, Ohkuma K, Ishii N, Sano N, Ogura H, Terada K. Electric toothbrushes induce electric current in fixed dental appliances by creating magnetic fields. Dent Mater J 2012; 31: 856-862.

Kameda T, Ohkuma K, Sano N, Ogura H, Terada K. Intraoral conversion of occlusal force to electricity and magnetism by biting of piezoelectric elements. Dent Mater J 2012; 31: 1001-1007.

Satoh Y, Ishizuka K, Yajima E, Nagamine Y, Iwasaki S. Neuronal activities of the vestibular nuclear complex during mechanically induced rhythmic jaw movements in rats. Brain Res Bull, 2012; 89: 86-91.

小原彰浩,寺田員人,焼田裕里,越知佳奈子,齊藤 力,齋藤 功.下顎骨後方移動術前後における口腔周囲軟組織形態の三次元変化様相の解析 -顔面・歯列模型統合三次元データの応用-.日顎変形誌 2012;22:208-215.

焼田裕里,寺田員人,小原彰浩,越知佳奈子,高木律男,齊藤 力,他.下顎骨後方移動術後の三次元口腔周囲軟組織形態変化解析における重回帰分析の有効性.日顎変形誌 2012;22:244-254.

吉田 隆,柴谷貴子,日下和代,田中宣子,鈴木幸江,小菅直樹,他.大学課程における歯科衛生士養成教育の質保証に関する研究 -カリキュラムを中心として-.日歯教誌 2012;28:67-75.  

筒井紀子,宮崎晶子,佐藤治美,土田智子,原田志保,菊地ひとみ,小菅直樹,他.歯科衛生士教育におけるメディカルアロマセラピーの教育効果.日衛学誌 2012;6:25-41.

Hasegawa Y, Terada K, Kageyama I, Tsuchimochi T, Ishikawa F, Nakahara S. Influence of third molar space on angulation and dental arch crowding. Odontology 2013; 101: 22-28.

2013年

亀田 剛(分担):第5章 成人矯正歯科治療の可能性と限界 成人矯正歯科治療におけるトラブル,日本成人矯正歯科学会 編, 67-73,成人矯正歯科治療,クインテッセンス出版,東京,2014,ISBN 978-4-7812-0359-1.

亀田 剛,大熊一夫(分担):第7章 成人矯正治療に必要な器具および材料 矯正用材料,日本成人矯正歯科学会 編,91-102,成人矯正歯科治療,クインテッセンス出版東京,2014,ISBN 978-4-7812-0359-1.

亀田 剛,大熊一夫(分担):第7章 成人矯正治療に必要な器具および材料 矯正材料,日本成人矯正歯科学会 編,103-106,成人矯正歯科治療,クインテッセンス出版東京,2014,ISBN 978-4-7812-0359-1.

Nagamine N, Satoh Y, Shimizu D, Iwasaki S, Terada K. Relationship between masticatory rhythm, body mass and mandibular morphology in primates. Archives Oral Biology, 2013; 58(9): 1084-1091. dio: 10.1016/j.archoralbio.2013.02.009

Kameda T, Ohkuma K, Oda H, Sano N, Batbayar N, Terashima Y, Terada K(7th)(7 authors). Magnetic fields from electric toothbrushes promote corrosion in orthodontic stainless steel appliances but not in titanium appliances. Dent Mater J 2013; 32: 959-969. doi: 10.4012/dmj.2013-179

Kameda T, Ohkuma K, Sano N, Ogura H, Terada K. Electric current induced in teeth by electromagnetic fields from electric toothbrushes and curing lights. Orthod Waves 2013; 72(3): 77-85. doi: 10.1016/j.odw.2013.03.002

Kameda T, Ohkuma K, Sano N, Shin Y, Terada K : Modification of metallic materials for a white appearance without coating and plating. Orthod Waves 2013; 72(3): 87-98. doi: 10.1016/j.odw.2013.03.001

寺嶋縁里,佐野奈都貴, 亀田 剛,寺田員人.顔の拘りに関するアバターを用いた心理検査へのアプローチ.バイオメディカルファジーシステム学会雑誌 2013; 15(2): 31-45.

Chinvipas N, Hasegawa Y, Terada K. Repeated bonding of fixed retainer increases the risk of enamel fracture. Odontology 2014; 102(1): 89-97. doi: 10.1007/s10266-012-0095-9.

亀田 剛:KBTマルチブラケットシステムの今後の展開 -臨床経過および結果からの改良-,J Begg Orthod,35(1):3-12,2013.

Kameda T, Ohkuma K: Electromagnetic fields from dental devices, and their effects on human health, J Elec Electron Syst, 3 (Special Issue "Electromagnetic Wave Theory") : 1-6, 2014. doi:10.4172/2332-0796.1000118.

2014年

【原 著】

Hasegawa Y, Amarsaikhan B, Chinvipas N, Tsukada S, Terada K, Uzuka S, Miyashita W, Iguchi S, Arai K, Kageyama I, Nakahara S. Comparison of mesiodistal tooth crown diameters and arch dimensions between modern Mongolians and Japanese. Odontology. 2014;102:167-175.

Kameda T, Oda H, Ohkuma K, Sano N, Batbayar N, Terashima Y, Sato S, Terada K. Microbiologically influenced corrosion of orthodontic metallic appliances. Dent Mater J. 2014;33:187-195.

Kameda T, Ohkuma K, Sano N, Terada K. Development of optical guiding forceps for a direct bonding system using light-cured resin adhesives. Dent Mater J. 2014;33:510-521.

Kameda T, Ohkuma K, Terada K. Rapid bonding and easy debonding of orthodontic appliances with 4-META/MMA-TBB resin using thermal heating. Dent Mater J. 2014;33:818-827.

Kameda T, Ohkuma K, Sano N, Batbayar N, Terashima Y, Terada K. Development of a compact induction-heated autoclave with a dramatically shortened sterilization cycle. Orthod Wave. 2014;73:55-60.

加藤晃茂,亀田 剛,寺田員人:動的矯正治療後早期における歯列弓携帯の変化 -Begg法とスタンダードエッジワイズ法との比較-.Orthod Waves-Jpn Ed. 2014;73:125-136.

小原彰浩,西野和臣,焼田裕里,越知佳奈子,寺田員人,齊藤 力,齋藤 功:CBCT頭蓋顎顔面硬軟組織三次元データと歯列模型データ統合モデルの開,日顎変形誌,24:218-224,2014.

【報告・紀要】

飯島重樹,長谷川優,寺田員人:過剰歯により抜歯時期と抜歯部位を考慮せざるを得なかった上下顎前突症例,甲北信越矯歯誌,22:23-29,2014.

浅野央男,新井一仁,飯田順一郎,石川博之,北井則行,黒江和斗,澤秀一郎,寺田員人,中村芳樹,松本尚之,清水典佳:日本矯正歯科学会研修機関における矯正歯科卒後教育の現状 第1報 基本研修機関の平成21・22・23年度実態報告書から,Orthod Waves-Jpn Ed,73:83-96,2014.

浅野央男,新井一仁,飯田順一郎,石川博之,北井則行,黒江和斗,澤秀一郎,寺田員人,中村芳樹,松本尚之,清水典佳:日本矯正歯科学会研修機関における矯正歯科卒後教育の現状 第2報 臨床研修機関の平成21・22・23年度実態報告書から,Orthod Waves-Jpn Ed,73:97-107,2014.

2015年

【著 書】

亀田 剛 (分担) : Minimum doctor/patient complianceを実現した成長期の過蓋咬合をともなう上顎前突症例 成長期の上顎前突を極める. : 臨床家のための矯正YEAR BOOK 2015. 1版, クインテッセンス出版, 東京, 2015, 42-49. ISBN 978-4-7812-0456-7.

小菅直樹 (分担) : 不正咬合と治療. 栢 豪洋,升井一朗,石川隆義,山田隆文編 : 新・歯科衛生士教育マニュアル 歯科臨床の基礎と概論. 1版, クインテッセンス出版, 東京, 2015, 91-99. ISBN978-4-7812-0431-4.

【原 著】

*Sano N, Kameda T, Terashima Y, Batbayal N, Terada K. Formation and development of maxillary first molars with delayed eruption. ☆◎Odontology. 2015; 103: 339-347. doi : 10.1007/s10266-014-0164-3.

*寺田員人, 佐野奈都貴, 寺嶋縁里, 亀田 剛, 小原彰浩, 斎藤 功. 外科的矯正治療後のスマイルについて. ◯顎顔面バイオメカニクス学会誌. 2014; 20: 64-70.

Sanpei S, Ishida R, Sanpei S, Endo S, Tanaka S, *Endo T. Patterns of bilateral agenesis of maxillary third molars and agenesis of other teeth. ☆◎Odontology. 2016; 104: 98-104. doi : 10.1007/s10266-014-0185-y.

2016年

【著 書】

1) 亀田 剛 (分担) : Minimum complianceにもとづいた永久歯列の上顎前突難症例. 臨床家のための矯正 YEAR BOOK 2016 永久歯列の上顎前突を極める. クインテッセンス出版, 東京, 2016, 56-63. ISBN 978-4-7812-0521-2.

1) 小菅直樹 (分担・編集) : 矯正歯科. 栢 豪洋,升井一朗,石川隆義,玄 景華,小菅直樹,雫石 聰,濱元一美,本間和代,鱒見進一 : すぐひける,現場で役立つ歯科衛生士のためのポケット版最新歯科用語辞典. 1版, クインテッセンス出版, 東京, 2016. ISBN978-4-7812-0531-1.

【原 著】

Hirakata C, Sanpei S, Sanpei S, Tanaka S, *Endo T, Sekimoto T. Symmetrical agenesis of the mandibular third molars and agenesis of other teeth in a Japanese orthodontic population. ☆◎J Oral Sci. 2016; 58: 171-176. doi : org/10.2334/josnusd.15-0607.

*Hasegawa Y, Ninomiya K, Fujii K, Sekimoto T. Emotional intelligence score and performance of dental undergraduates. ☆◎Odontology. 2016; 104: 397-401. doi : 10.1007/s10266-015-0219-0.

Endo S, Yamada W, Shundo I, Kobayashi Y, Komatsuzaki A, *Endo T. Short-term treatment effects of the quad-helix appliance on dentofacial morphology of hyperdivergent patients. ☆◎Aust Orthod J. 2016; 32: 211-220.

Batbayar N, Kameda T, Sano-Sekikawa N, *Terada K. Crown shape of maxillary molars with delayed eruption. ◎Okajimas Folia Anatomica Japonica. 2016; 93: 89-97. doi : org/10.2535/ofaj.93.89. (学位論文)

*Hasegawa Y, Ezura A, Batbayar N. The relationship between the incisor position and lingual surface morphology in normal occlusion. ☆◎Odontology. 2017; 105: 84-90. doi : 10.1007/s10266-016-0240-y.

外部研究費

2012年

にいがた産業創造機構 ゆめづくり,高付加価値化サポート助成事業,新規,荒澤修(代表)亀田 剛,大熊一夫,光照射ピンセットの開発.